シミュレーターの便利ツール

DYNSIMやSimCentral(AVEVA Process Simulation)と。

各シミュレーター用のツール

DYNSIMの入力データ確認及びストリームテーブル作成ツール

DYNSIMでは入力データの確認ツールとしてBulk Configuratorが用意されていますが、起動が遅いので個人的にあまり好きではありません。こちらのツールはjs4mファイル(ver6.0以降でのみ使用可能です)を読み取り、内部の入力情報をcsv形式で出力します。以下動作イメージです。一旦csvにしてしまえば、本来入力すべき値が正しく入っているか、一目で確認することが可能なので、重宝しています。

また、DYNSIMではスナップショットを撮る際、textファイルとして保存することができます。Textファイルとして保存していただくと添付ツールで各ストリームの流量、圧力、温度、組成といった基本情報をまとめて取得できます。

こちらからダウンロードすることが可能です。

上記ダウンロードしていただくと、中のzipファイルにはexeとdllが入っています。両方同じ階層のフォルダ内にある状態でご利用ください。

以下簡単な手順を記載します。

DYNSIMread

スナップショット内の情報からストリームテーブルを作成する場合には、事前にスナップショットをテキスト形式で保存しておく必要があります。

DYNSIMread2

以下ストリームテーブルの簡単な使い方を記載します。

DYNSIMread3

なお、公式のツールではないため、自己責任での使用をお願いします。

また、デフォルト値から変更されていない数値については表示されませんので、ご注意ください。

SimCentralの時系列データ取得ツール

SimCentralではDynamic計算データをExcel関数で取得することが可能です。ただ、Excel関数を設定するのがちょっと面倒なので、一括で取得するツールを作成しています。

使い方は非常にシンプルで、simxファイルとスナップショットを選択後、genCSVボタンを押すだけです。

SimCentralDataRead

こちらからダウンロードすることが可能です。

なお、公式のツールではないため、自己責任での使用をお願いします。

PRO/IIファイルのデータ取得ツール

PRO/IIファイルのストリームやThermoの設定情報をまとめて取得するツールを作成しています。

当サイトに不具合、ご意見等ございましたらCEsolutionにお知らせください。

Page Top